交通事故で困ったら弁護士を味方につけよう

交通事故で弁護士に依頼した方がいい事案とは

交通事故では車両同士であれば双方が加入料している保険で対応が協議され、当事者はほとんどその保険の折衝に関与しませんが、被害者が歩行者であったり、一方に過失相殺の義務が発生しないのであれば、弁護士に相談を依頼することで大きなメリットが出てきます。
まず交通事故の場合、被害者に過失相殺義務が発生しなければ保険金などの請求は本人が行うことになり、専門家でもない人が賠償金の支払い請求を行うので自分が考えたような結果は得られない場合が多くなります。保険会社は民間企業なので支払う金額はできるだけ少なくしようとするのが一般的です。そのために素直に保険会社の言うことを聞いていれば、支払われる金額が低くなるのは目に見えています。
交通事故で弁護士に依頼すると、依頼しない場合と比較しても数倍以上の賠償金を取得できると言われていますが、これらは本来なら支払われるはずの金額を弁護士によって得られただけであり、弁護士だから取得できたというものではありません。
ただし、弁護士でも得意な分野があり、不慣れな場合にはいくら弁護士に依頼してもいい結果が得られない場合があります。弁護士で保険会社との折衝の方法が異なっているので、希望した賠償金を得たいのでしたら事故問題に強い弁護士に相談するようにしましょう。

交通事故にあった時には迷わず弁護士事務所に!

交通事故にあって、自分は何も悪くないのに修理費用等を払わされた経験はありませんか?そうなる前に知っておくべきことがあります。それが、任意保険の弁護士特約です。年間数千円で、数十万円得をするかもしれませんよ。
弁護士と言えば、相談するのにも、依頼するのにも多額のお金がかかるイメージがあると思います。しかしこの弁護士特約を付けていると一切費用がかからず、しかも事故の自己負担割合も減るかもしれません。その上慰謝料も数十万跳ね上がる可能性もあります。
交通事故にあって自分で相手方の保険会社と交渉をしようとしても、相手はプロですので、どうしても自分の不利な方へと導かれてしまいがちです。やはりこういうときに事故問題に強い弁護士に相談して、味方に付けておきましょう。そうすることで、保険会社と対等、いえそれ以上のやりとりをしてもらえますし、たとえ裁判になってしまったとしても、書類などの作成もスムーズです。
元々、保険会社から提示のあった慰謝料は数十万でも弁護士に依頼をすることで100万円を超えたという話はよくあります。
まだ弁護士特約を付けていない方は是非この機会に付けてください。そして弁護士に依頼するのを躊躇されている方は迷わず弁護士事務所に連絡してみてください。